7月2017

高井発電所の見学(2017.7.15)

活動報告

高井発電所の概要。7月15日見学
長野県高山村にある高井砂防堰堤(信濃川水系松川)の未利用落差を利用した高井発電 所は、2015年10月23日に運転を開始。県が管理する高井砂防堰堤本堤に貫通孔を空けて取水し、発電している。発電した電力は固定価格買取制度(FIT)に基づき売電、年間で約270 万キロワットアワー
(一般家庭約750 軒分の使用量相当、高山村の世帯数の約30%分)の発電可能。場所は山田温泉入口すぐ下。左に

秋の紅葉で有名な松川渓谷を臨む 赤い陸橋近く。県内ではこのような砂防ダムを活用した水力発電所は7ヶ所稼働。松川は酸性河川のため農業、工業共に用水として活用していない。

有効落差36m、斜度45°P_20170715_100844_003P_20170715_103314P_20170715_111438P_20170715_111338P_20170715_103538P_20170715_102403

通信第7号 P2

郷育ネットワーク通信

第7-2号

« 古い記事