設立趣意書

戦後の高度経済成長期を経て「安全・安心・効率」の価値観が敷衍化した70年目の今日、人々は物の豊かさから心の豊かさを深く求め始めている。
人間が成長し自立していく基礎になるものは、人間が本来持っている「感性」を育てること、といわれる。その感性を受け止める人間の器官として五感というものがある。物が豊かになる一方で、子どもから大人に至るまで人間に備わっている五感で感じる機会をも喪失させつつある。自分の目で日の出を見たことのない小学生が半分以上、生まれたときから情報機器の音に慣らされ、春の音も親との会話の声すらなく、『春風や闘志いだきて丘に立つ(高浜虚子)』と詠われる春のにおいを嗅ぐ場を持つことすら難しい時代を迎えている。山菜を採って食べたことのある小学生は長野県でも半分以下、化学調味料に慣らされた舌では受け入れられなくなっている。桜の花はめでるが桜の木のぬくもりを手で触って感じたりすることはあまりしない。物が豊かになり、「清潔・安全・効率」の価値観が先行すればするほど、人間の五感を使う場が失われ、結果として感性を磨く機会を失ってきている。自分の体に備わった五感で感じる機会が少ないということは、自分を生命体として感じられなくなってきているということでもある。
物が豊かでなかった江戸時代には「自然界に無駄はない」という考え方の下に、「循環(めぐること)」の価値観を持ち、エネルギー、水、資源、食糧、人口など、多くを克服することに成功したという。これらの難題に取り組みながら、環境を大切にし、廃棄物を出さず、満足のいく食事を楽しみ、経済的に活気のある社会を築き上げていたという。『日本にはかつて「自前で生きる」という言葉があり多くの人と関わり助け合いながら、それでも「自分なり」であることが「自前」なのである』という文言がある。
食もエネルギーも「自前である」ことが「自前で生きていく」ことに繋がり、自他共に自信と誇りが持てる環境、土地柄になっていくことになり、活気ある江戸の社会の姿に重なる。
人間の五感を通して感性をより深く磨くことにより、ものを「見抜く力・気づく力・高める力・広く掘り下げる力・つながる力・連想する力・与える力・大事にする力」等を一層培うことができる。それは自立につながり、現代版の「生きる力」そのものになる。
そこで私たちは、子どもたちに食育教育、環境教育を通して、大人の皆さんには信州の「ふるさとの故郷」として土地のよさを五感を通して再発見してもらい、それらの活動を通して大人から子どもまで五感をフルに使い、いっそう感性を磨くことで自分の街がさらに好きになり、地域の食材を育て食べ、地域への愛着を内外に広げることに繋がっていく社会を実現していくことに寄与したいと考えている。